障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!

【ゴールボールアジアパシフィック選手権大会】予選ラウンド 女子・日本は中国に敗れる

KO1912070866

IBSAゴールボール・アジアパシフィック選手権大会(12月7日・予選ラウンド)で、女子・世界ラインキング4位の日本は、世界ランキング2位の中国と対戦し、0対2で敗れた。

日本は前半、1番天摩由貴選手、7番高橋利恵子選手、8番若杉遥選手でスタート。中国の7番WangChunhua選手、1番ZhangXiling選手のバウンドボールや低くスピードのあるボールの攻撃に対し、手堅い守りで得点を許さなかった。
前半の終盤に、若杉に代えて3番欠端瑛子選手を投入。得点を狙ったが、中国の守備も堅く、0対0で折り返した。

後半の序盤、中国の7番がゴールを決めて1点リード。
日本は、天摩に代えて6番萩原紀佳選手を投入した。
しかし、中国の1番に追加点を決められて2点差とされた。
日本は終盤に、欠端に代えて若杉を入れて攻めたが、中国の壁を破ることができなかった。

キャプテンの天摩は、「中国戦で緊張したが、コート内の状況を良くみることはできた」とコメント。ただし、ボールが甘いところに入ってしまうことが多く、点が獲れなかったことを反省点に挙げた。

市川喬一ヘッドコーチは、中国の攻撃について、これまで分析していたとおりだったと説明。予選ラウンドの残りの試合を勝利して勝ち上がり、再度、中国と対戦したいと話した。

今大会・女子は、オーストラリア、中国、インドネシア、日本、韓国、タイが参加。優勝国は、アジア・パシフィック地域の代表として2020年の東京パラリンピックの出場権を獲得する。日本は自国開催国枠で出場権を獲得しているが、東京パラリンピックでの対戦を視野に入れて、優勝を目指している。

日本は予選ラウンド・12月5日にインドネシアに10対0、タイに3対2で勝利。
7日に韓国、8日にオーストラリアと対戦する予定。

IBSAゴールボール・アジアパシフィック選手権大会(千葉ポートアリーナ)
12月5日~8日:予選ラウンド
12月9日:予選ラウンド・準決勝
12月10日:3位決定戦、決勝

(取材:河原レイカ)
(撮影:小川和行)

KO1912070952

News

【ゴールボールアジアパシフィック選手権大会】予選ラウンド 女子・日本は中国に敗れる

IBSAゴールボール・アジアパシフィック選手権大会(12月7日・予選ラウンド)で、女子・世界ラインキング4位の日本は、世界ランキング2位の中国と対戦し、0対2で敗れた。 日本は前半、1番天摩由貴選手、7番高橋利恵子選手、 …

【ゴールボールアジアパシフィック選手権大会】予選ラウンド、男子日本はタイに勝利

IBSAゴールボール・アジアパシフィック選手権大会(12月7日・予選ラウンド)で、 男子・日本はタイと対戦し、11対4で勝利した。 日本は前半、9番川嶋悠太選手、5番山口凌河選手、7番金子和也選手でスタート。ウイングの山 …

【第39回大分国際車いすマラソン】マラソン男子はマルセル・フグが優勝。ドバイで躍動した選手たちが実力差を見せつける

11月17日に開催された第39回大分国際車いすマラソンの男子マラソン(T34/T53/T54クラス)。レース前日の夜、私は、大会のウェブサイトで出場選手の顔ぶれを眺めながら、観戦のポイントは2つあると考えていた。 1つは …

銀色のヘルメットがトレードマーク、優勝したマルセル・フグ選手(右)と2位の鈴木朋樹選手(左)

【パラ陸上世界選手権2019・11月14日】男子T11・5000m 唐澤が銅メダル獲得

男子T11・5000m決勝で、唐澤剣也選手(群馬県社会福祉事業団)が3位に入り、銅メダルを獲得。 2020年東京パラリンピック日本代表推薦が内定した。記録15分48秒21。 唐澤選手のガイドは、前半7周を茂木洋晃さん、後 …

【パラ陸上世界選手権2019】男子T54・鈴木朋樹、 2020年東京を見据えたレース 「今出せる力は、出し切った」

パラ陸上世界選手権(11月9日)、男子T54の鈴木朋樹選手(トヨタ自動車)は、メイン種目に位置付けている800mで決勝に進出した。 今シーズン強化を進めてきたスタートは、世界トップクラスの選手たちと互角の速さで飛び出した …

Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.