障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!

「そうだ!コーチングを受けてみよう」

  • HOME »
  • 「そうだ!コーチングを受けてみよう」

「新しい気づきをもたらす・視点や考え方の選択肢を増やす・行動を促進する」

アスリートのみなさん、あなたはどんな強みをもっていますか?

 

あなたがもっている強みに、

「目標の明確化」

「課題の整理」

「行動の促進」

ができることは入っていますか?

 

もし、入っていないとしたら、

あなたが持っている強みに、

これらが加わったらもっと強くなれそうだと思いませんか?

 

「自分には、強みと呼べるものがない」

「最近、壁にぶつかっている気がする」

「練習の計画をつくっても、いつも途中で挫折してしまう」

 

そんなふうに思っている方、

「ない」のではなく、「気がついていない」「発見できていない」だけ

かもしれません。

 

「コーチング」は、次のようなことを目指して「対話」します。

・新しい気づきをもたらす

・視点を増やす

・考え方や行動の選択肢を増やす

・目標達成に必要な行動を促進する

 

パラスポーツの選手を取材させていただくなかで、身体を使うスキルや体のケアなどのほかに、もうひとつ何か必要なものがある気がしました。

 

「心を整える」方法を探していた時、私は「コーチング」に出会いました。

 

最初は、選手のサポートができたらと考えて学び始めたのですが、

実は、自分自身の仕事や生活の中で「コーチング」で学んだ知識が役に立ちました。

 

壁にぶっかった時に、突破する方法を見つけることができました。

調子が乗らない時、気持ちを切り替える方法を探すことができました。

以前は失敗すると引きずることが多かったのですが、

失敗を経験だととらえられるようになり、前向きな行動をとれるようになりました。

 

約半年の勉強が終わってからは、自分の学んだ知識を活かそうと、コーチングをトライアルで受けていただきました。これまでコーチングを受けていただいたクライアントは、中学受験を目指す小学生から、自営業の経営者の方まで、世代は幅広く、それぞれの目標や課題は異なりますが、次のような感想をいただいています。

 

(20代女性:会社員)受講を通じて、自分の性質がポジティブになり、取り組むべき課題に迷いなく取り組めるようになりました。自分自身の状態に観察的に目を向けるようになり、どのように対処したらいいか考えるようになりました。

 

(50代男性:自営業)寄り添うように、じっくり話を聞いていただいたことで、日常生活から離れて、自分自身を振り返ることができたように思います。

 

クライアントの方の感想は自信になり、さらに一年間の勉強を終えた今、自分が学んだことを活かして、パラスポーツのアスリート、支援者、指導者の方の力になれたらと考えています。

 

「コーチングを受けてみたい」「コーチングの要素を学んでみたい」という方、下記の概要をご覧いただき、メールにて詳細をご相談ください。

 

■コーチングの概要

コーチングは単なる会話の連続ではありません。

3カ月、半年など期間を区切って、継続的に進めます。

基本的には月2回程度(隔週)、1回60分で定期的に電話で行います。

(必要に応じて対面で行います)

①    クライアントの棚おろし

 ・プレコーチング:テーマの設定、今後のコーチングについての方針を決定する

②    コーチングセッションの開始(1回60分、月2回)

 ・クライアントと相談して決定したテーマによって、進め方が変わります。

 ・例:自分を知る(コミュニケーションのタイプ診断など)

 ・例:どんな自分になりたいか、理想像を明確にする

 ・例:課題を整理する など

 ・例:理想と現実のギャップを洗い出す

 ・例:行動の計画をたてる など

③    終回(コーチングの振り返り、まとめ)

 

担当:河原レイカ

reikakawahara@gmail.com

 

Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.