1月半ば、ゴールボール日本代表チームのインタビューで、
「チーム力」というキーワードが出てきました。ゴールボールは、視覚障害者の競技で、
コートに立つのは3選手です。
選手は互いに見えない状態で、音を頼りにプレイします。

ディフエンスでは、相手チームのボールが、どこから投げられるかを察知し、
ボールがゴールに入らないように、右へ左へ動いて防御します。

日本の選手は、海外の選手と比べると体が小さく、
投げるボールも、強くはありません。

その中で、勝利を手にするためには、
固い守りで、相手チームの得点を徹底的に防ぐこと。
そして、1点をもぎとりにいく。
それが、日本チームのスタイルだそうです。

個人の体格や、ボールの強さでみると、日本の選手はそれほど強くない。
しかし、チームになると、個人の力を足し算した以上の、大きな力を発揮できる。

そんな「チーム力」をつくり、高めていくには、
どうしたらいいのでしょうか?

女子チームキャプテンの浦田理恵さんは、

「一番は、信頼関係ですね」
とお話されました。

信頼関係に綻びがあると、
試合のなかで、その綻びがあらわれる。

例えば、ディフエンスのとき、
隣で守っている選手に対して
「この位置まで守ってもらえるかな?」などと不安があると、
本来、自分が実践すべきことを超えて守ってしまうなど
オーバーワークにつながることがあるそうです。

信頼関係をつくるために、
取り組んでいることの1つは、「コミュニケーション」。

例えば、選手間のメーリングリストでの問いかけ、それに対する応答。

誰が、何を、どう考えているかを受けとめ、
自分は、何を、どう考えているかを発する。

そうした基本的なコミュニケーションからスタートしているそうです。

「チーム力」と言いますが、
「信頼する・される」という点や
「コミュニケーション」という点を考えていくと、
「個人の力」も問われるように思います。

「個人の力」を「チーム力」につなげていく。
そういうことかもしれません。

【取材メモ・河原由香里】

写真: ■「チームの力」と「個人の力」</p><br />
<p>1月半ば、ゴールボール日本代表チームのインタビューで、<br /><br />
「チーム力」というキーワードが出てきました。</p><br />
<p>ゴールボールは、視覚障害者の競技で、<br /><br />
コートに立つのは3選手です。<br /><br />
選手は互いに見えない状態で、音を頼りにプレイします。</p><br />
<p>ディフエンスでは、相手チームのボールが、どこから投げられるかを察知し、<br /><br />
ボールがゴールに入らないように、右へ左へ動いて防御します。</p><br />
<p>日本の選手は、海外の選手と比べると体が小さく、<br /><br />
投げるボールも、強くはありません。</p><br />
<p>その中で、勝利を手にするためには、<br /><br />
固い守りで、相手チームの得点を徹底的に防ぐこと。<br /><br />
そして、1点をもぎとりにいく。<br /><br />
それが、日本チームのスタイルだそうです。</p><br />
<p>個人の体格や、ボールの強さでみると、日本の選手はそれほど強くない。<br /><br />
しかし、チームになると、個人の力を足し算した以上の、大きな力を発揮できる。</p><br />
<p>そんな「チーム力」をつくり、高めていくには、<br /><br />
どうしたらいいのでしょうか?</p><br />
<p>女子チームキャプテンの浦田理恵さんは、</p><br />
<p>「一番は、信頼関係ですね」<br /><br />
とお話されました。</p><br />
<p>信頼関係に綻びがあると、<br /><br />
試合のなかで、その綻びがあらわれる。</p><br />
<p>例えば、ディフエンスのとき、<br /><br />
隣で守っている選手に対して<br /><br />
「この位置まで守ってもらえるかな?」などと不安があると、<br /><br />
本来、自分が実践すべきことを超えて守ってしまうなど<br /><br />
オーバーワークにつながることがあるそうです。</p><br />
<p>信頼関係をつくるために、<br /><br />
取り組んでいることの1つは、「コミュニケーション」。</p><br />
<p>例えば、選手間のメーリングリストでの問いかけ、それに対する応答。</p><br />
<p>誰が、何を、どう考えているかを受けとめ、<br /><br />
自分は、何を、どう考えているかを発する。</p><br />
<p>そうした基本的なコミュニケーションからスタートしているそうです。</p><br />
<p>「チーム力」と言いますが、<br /><br />
「信頼する・される」という点や<br /><br />
「コミュニケーション」という点を考えていくと、<br /><br />
「個人の力」も問われるように思います。</p><br />
<p>「個人の力」を「チーム力」につなげていく。<br /><br />
そういうことかもしれません。</p><br />
<p>【取材メモ・河原由香里】