男子59kg級、世界選手権を目指し三つ巴の争いを制した光瀬智洋

男子59kg級、世界選手権を目指し三つ巴の争いを制した光瀬智洋

第2回パラ・パワーリフティングチャレンジカップ京都が4月13日、14日、京都府のサンアビリティーズ城陽で開催された。2020年の東京パラリンピック開催まで500日となった4月13日、男子54kg級西崎哲男選手が日本新記録を樹立。女子も41kg成毛美和選手をはじめ、複数の日本新記録が出た。

大会1日目(4月13日)結果

■女子
優勝者
41kg級 成毛美和 記録53.5kg、特別試技55kg(日本新記録)
45kg級 小林浩美 記録59kg
55kg級 マクドナルド恵理 記録55kg
61kg級 龍川崇子 記録50kg
67kg級 森崎可林 記録56kg(日本新記録)
73kg級 坂元智香 記録70kg、特別試技72kg(日本新記録)

■IBSA部門(視覚障害の部)
女子67.5kg:瀬川真澄 記録64kg(日本新記録)
男子75kg:大谷重司 記録120kg

■男子
優勝者

49kg級:三浦浩 記録126kg
ジュニア49kg級:中川翔太 記録35kg
54kg級:西崎哲男 記録140kg、特別試技142kg(日本新記録)
59kg級:光瀬智洋 記録127kg

女子55kg級マクドナルド山本 恵理

女子55kg級マクドナルド山本 恵理

大会2日目(4月14日)は、男子65kg級から107超級が実施された。
65kg級の佐野義貴選手をはじめ日本新記録が5つ誕生した。

【結果】
優勝者
65kg級 佐野義貴 記録138.5kg、特別試技140kg(日本新記録)
ジュニア65kg 大宅心季 記録64kg(ジュニア日本新記録)
72kg級 斉藤伸弘 記録147kg
80kg級 宇城元 記録172kg
88kg級 大堂秀樹 記録197kg(日本新記録)
97kg級 佐藤和人 記録155kg
107kg級 中辻克仁 記録200.5kg(日本新記録)
ジュニア107kg以上級 松崎泰治 記録153kg(ジュニア日本新記録)

試技前のルーティンで気合を入れる中辻克仁

試技前のルーティンで気合を入れる中辻克仁

男子65kg級日本新記録を樹立した佐野義貴

男子65kg級日本新記録を樹立した佐野義貴

年間最優秀リフターに選ばれた大堂秀樹

年間最優秀リフターに選ばれた大堂秀樹

【世界選手権の日本代表を発表】
日本パラ・パワーリフティング連盟は4月15日、7月にカザフスタンで開催される世界選手権(Nur-Sultan 2019 World Para Powerlifting Championships)に出場する日本代表選手を発表した。

【シニア】
■女子

41kg級 成毛美和
45kg級 小林浩美
50kg級 中嶋明子
55kg級 マクドナルド山本恵理
73kg級 坂元智香

■男子
49kg級 三浦浩
    加藤尊士
54kg級 西崎哲男
    市川満典
59kg級 光瀬智洋
    奥山一輝
65kg級 佐野義貴
     戸田雄也
72kg級 樋口健太郎
    斉藤伸弘
80kg級 宇城元
    佐藤芳隆
88kg級 大堂秀樹
    石原正治
97kg級 馬島誠
    佐藤和人
107kg 中辻克仁

【ジュニア】
女子67kg級 森﨑可林
男子107kg超級 松崎泰治

(撮影:小川和行)