障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!
News
  • HOME »
  • News »
  • インタビュー

インタビュー

【インタビュー】2020年東京パラリンピックへの挑戦、自転車競技で再び、世界の舞台を目指す 葭原滋男(よしはら・しげお)さん

世界の舞台で活躍している日本人の視覚障害者アスリートは少なくないが、レジェンドと呼ばれるのにふさわしい一人が、葭原滋男さんだ。葭原さんは、1996年のアトランタパラリンピックでは陸上の走り高跳びで銅メダル、2000年のシ …

【ブラインドサッカー】日本は、2017年にアジアの頂点を目指す

ブラインドサッカー日本代表チームは、2017年の目標の一つとして、アジアのトップチームになることを掲げている。今秋に開催見込みとなっているアジア選手権で、中国、イランなどを破り、優勝するつもりだ。2015年のアジア選手権 …

1月の日本代表合宿。9日は室内トレーニングを実施。キャプテンの川村怜選手(右)

【インタビュー】陸上競技を通じて得たものを、ラオスの障害者に還元したい/羽根裕之さん

陸上(走り幅跳び・三段跳び/上肢障害・T46クラス)の選手である羽根裕之さん(50歳)は、2015年11月より、東南アジアのラオス人民民主共和国(ラオス)で障害者スポーツの支援に携わっている。 ラオスは、ミャンマー、ベト …

羽根裕之さん(写真中央)。写真左から、キャンさん、ゴンさん、羽根さん、サイさん、ポンさん。
練習場近くの民間のプール、ジム(国の援助で無料使用)にて。

【インタビュー】ラオスで視覚障害者スポーツの指導や強化に貢献したい

東南アジアのラオス人民民主共和国から、日本へ。 ヴィリヤ・チャンチャルン(Viliya CHANCHALEUN、愛称:チゴン)さんは、母国であるラオスの視覚障害者教育やスポーツ振興に貢献したいと考え、ダスキン愛の輪基金事 …

ヴィリヤ・チャンチャルンさん(Viliya CHANCHALEUN、愛称:チゴン)

ゴールボール日本・女子    「チーム力」で勝負する

ゴールボール日本代表・女子チームは1月11日から13日、国立障害者リハビリテーションセンターで強化合宿を行った。昨年までキャプテンだった小宮正江選手が引退し、浦田理恵選手がキャプテンに就いて迎えた初めての合宿。2014年 …

合宿では、選手たちの声がコートに響く場面が目立った。声出し、声かけを意識しているようだった

車椅子バスケ・女子  「考えるバスケ」の実現を目指す

日本車椅子バスケットボール連盟は1月11日から13日、国立障害者リハビリテーションセンターで、女子の日本代表選手選考を兼ねた合宿を行った。個々の選手の基礎的な能力を確認し、コミュニケーション能力やチームプレイなどもみて、 …

日本代表選考の合宿に参加した選手たち。この中から国際大会に出場する12人が選ばれる

ゴールボール日本・男子  日本らしい攻守が光るチームへ

ゴールボール日本代表チームは1月11日から13日まで国立障害者リハビリテーションセンターで強化合宿を行った。2014年は、6月に世界選手権、10月にアジアパラゲームスを控えており、これらの国際大会には2016年開催のリオ …

日本代表チームの強化合宿。新ルールへの対応も検討。

長居から世界へ向けて/第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会

男子4×100mリレー、第4走者の山本篤選手 ■日本記録更新への思いを胸に 大阪の長居第2陸上競技場で6月8日、9日に開催された第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会、男子(T42-46)4×100mリレーは、45秒4 …

トップアスリートの走りに刺激を受け,さらなる進化を目指す

陸上 T46・多川知希選手、義肢装具士・沖野敦郎さん 競技場の画面に映る多川知希選手(写真提供:沖野氏) イギリス・スコットランドの最大都市グラスゴー。1月26日、この地で「British Athletics Inter …

Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.