障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!
News
  • HOME »
  • News »
  • 君の一歩は、未来に向けて

君の一歩は、未来に向けて

【君の一歩は、未来に向けて⑬】君のビジョン(4)

『2008年の北京から、ロンドン、リオ・パラリンピックまで3大会挑戦して、いったんは引退したんですが、実は、現役に復帰したんです。2020年の東京パラリンピックに挑戦しようと思っています』 石井の現役復帰は、初耳だった。 …

【君の一歩は、未来に向けて⑫】君のビジョン(3)

 『競輪選手を引退する時に、知人から「障害があっても、自転車競技をやりたければ、パラリンピックがあるよ」と教えてもらっていました。当時のパラサイクリング連盟の関係者も紹介してくれたんです。  私は、パラリンピックに出たい …

石井雅史選手(写真左)

【君の一歩は、未来に向けて⑪】君のビジョン(2)

高次脳機能障害のアスリートから話を聞きたいと石井に会いに来た。 石井が所属している藤沢市みらい創造財団は、藤沢駅から徒歩10分程度の秩父宮記念体育館内に事務所を構えている。 その一角を借りて、石井のインタビューをする約束 …

DSC_1241

【君の一歩は、未来に向けて⑩】君のビジョン(1)

他の高次脳機能障害のアスリートから、話を聞きたい。 反町公紀の取材を続けているうち、その気持ちが大きくなった。 高次脳機能障害の主な症状には、物の置き場所を忘れたり、同じ質問を繰り返す「記憶障害」、 ぼんやりしてミスが多 …

2015年4月、日本パラサイクリング選手権・トラック大会。中央が石井雅史選手。

【君の一歩は、未来に向けて⑨】パラリンピック・ブレイン(4)

脳に障害がある場合は、どうだろうか。 私がまず知りたかったのは、脳の障害が、身体の動きにどのように影響するかという点だった。 高次脳機能障害があっても、脳の指令が身体に上手く伝わるのか。 伝わりにくいとしたら、それは何ら …

【君の一歩は、未来に向けて⑧】パラリンピック・ブレイン(3)

東京大学の駒場キャンパスは、京王井の頭線の駒場東大前駅を降りると、すぐ目の前にあった。 同じ電車から下車した数十人の乗客は、大学生か教員だったのだろう。 駅から正門まで100mもない真っすぐな道を、迷いなく進んでいく。 …

【君の一歩は、未来に向けて⑦】パラリンピック・ブレイン(2)

 インターネットで「脳」と「スポーツ」をキーワードに検索すると、いくつかの情報がヒットした。 「スポーツ脳がパフォーマンスを上げる」「運動は脳でするもの」「アスリートの脳はどう違う」「スポーツが脳に与えるメリット」「勝つ …

【君の一歩は、未来に向けて⑥】パラリンピック・ブレイン(1)

「日本選手権なんて、あるんですか?」 障害者陸上の日本選手権を観に行く予定があると話すと、 隣のつり革に捕まっていた飲み仲間が驚いた顏をした。 友人が主催した暑気払い、IT関係の仕事をしている男性会社員と帰りの路線が一緒 …

【君の一歩は、未来に向けて⑤】壊れた脳、走る君

高次脳機能障害とは、何なのか? インターネットで検索すると、国立障害者リハビリテーションセンターをはじめ、行政が提供している高次脳機能障害の解説がいくつか出てきた。 高次脳機能障害とは、学術的には、「脳の損傷を原因とする …

【君の一歩は、未来へ向けて④】スイスの風に揺れる日ノ丸(2)

JR高崎駅ビル内のスターバックスは、大学生のカップルや女子高生たちで賑わい、隣の席から甲高い笑い声が響いてくる。 私が仕事の帰りに立ち寄る東京・神保町のスタバでは、ノートパソコンを開いて書類を作成している人や、商談か打ち …

Page 1 / 212
Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.