障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!
News
  • HOME »
  • News »
  • 大会レポート

大会レポート

【日本パラ陸上競技大会】車いす男子(T54)短距離の生馬と西。 互いに刺激しあい、世界の舞台を目指す

第28回日本パラ陸上競技大会が6月10日、11日に、駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催された。トラック種目・車いす男子(T54)短距離100mは生馬知季選手(25歳、World-AC所属)、200mは西勇輝選手(23歳 …

内閣総理大臣杯争奪 第45回記念日本車椅子バスケットボール選手権大会 宮城MAXが第4ピリオドに逆転、NO EXCUSEを振り切り9連覇

内閣総理大臣杯争奪第45回記念日本車椅子バスケットボール選手権大会・決勝は、宮城MAX(宮城県)とNO EXCUSE(東京都)が対戦。第4ピリオドの終盤までもつれる接戦となった。第3ピリオド終了時、39対41で NO E …

スペシャルオリンピックス 2017冬季世界大会レポート

スペシャルオリンピックスとは スペシャルオリンピックス(以下、SO)とは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である大会や競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。 SO …

【ブラインドサッカー】日本代表、王者ブラジル代表に攻めのサッカーで挑む

ブラインドサッカーの国際親善試合・さいたま市ノーマライゼーションカップが3月20日、 フットメッセ大宮で開催され、日本代表チームは世界ランク1位のブラジル代表と対戦した。日本は前半、5番黒田智成選手、7番川村怜選手、4番 …

日本5番黒田智成選手

【第28回全国車いす駅伝競走大会】優勝は大分A 10年ぶり9回目

第28回全国車いす駅伝競走大会が3月12日、京都市内で開催され、大分Aチームが優勝。記録は45分56秒だった。大分の優勝は10年ぶり9回目。昨年の前回大会では中継ミスにより失格となった福岡チームが2位。3位には、岡山が入 …

優勝は、大分Aチーム

【東京マラソン2017】車いす男子 渡辺勝選手が優勝

東京マラソン2017は2月26日に開催され、車いす男子は、渡辺勝選手(25歳、所属:TOPPAN)が優勝した。記録は1時間28分01だった。2位は、リオ・パラリンピック金メダリストのマルセル・フグ選手(31歳、スイス)で …

車いす男子の優勝は渡辺勝選手(写真提供Ⓒ東京マラソン財団)

【第31回全日本視覚障害者柔道大会】男子73kg級は永井が優勝

第31回全日本視覚障害者柔道大会が11月27日、東京都内で開催され、男子73kg級は、 永井崇匡選手(21歳・学習院大学)が優勝し、大会2連覇。 女子-52kg級は石井亜弧選手(28歳・三井住友海上あいおい生命保険)が優 …

男子73kg 永井選手(右)

【第36回大分国際車いすマラソン】男子フルマラソン 山本浩之選手が優勝

第36回大分国際車いすマラソン・男子(T34・T53・T54)フルマラソンは、山本浩之選手(50歳)が優勝。 2位に鈴木朋樹選手(22歳)、3位にエレンスト・ヴァン・ダイク選手(43歳・南アフリカ)が入った。 レースは、 …

先頭でゴールする山本選手

【リオパラリンピック】陸上・男子(T42)走り幅跳び 山本篤選手 銀メダルに「悔しい」 

リオパラリンピック(9月17日)の陸上・男子(T42)走り幅跳びで、 山本篤選手が6m62を跳び、銀メダルを獲得した。 1位はドイツのPOPOW Heinlich(ハインリッヒ ポポフ)選手で、記録は6m70。 山本は「 …

山本篤選手

【リオパラリンピック】ゴールボール女子 準々決勝 日本は中国に敗れる

リオパラリンピック(9月14日)ゴールボール女子・日本は、 準々決勝で中国と対戦し、3対5で敗れた。 中国は、2012年のロンドンパラリンピックで決勝した対戦した相手。 日本は、センターに浦田理恵選手、ウイングに欠端瑛子 …

日本チーム(右から)欠端選手、浦田選手、安達選手
Page 1 / 1112»
Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.