障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!
News
  • HOME »
  • News »
  • 大会レポート

大会レポート

新たな気持ちで

「久しぶり」 ジャパンパラ陸上競技大会・走り高跳びに出場した鈴木徹選手(T44)に、関係者から、こんな声がかけられた。 国内の主な陸上大会である「チャレンジ陸上大会2013」(4月、熊本市)、「日本身体障害者陸上競技選手 …

常に変化を求めて

2013年ジャパンパラ陸上競技大会では、200mで26秒66の大会新記録を出した山本篤選手(T42)。 7月の世界選手権では走り幅跳びで金メダルを獲得し、大きな国際大会を終えた後に迎えたジャパンパラだったが、200mは昨 …

ロンドンのメダリスト 期待を力に

和田伸也選手(T11)は、ジャパンパラ大会第1日目の800mで2分11秒03の日本新記録。 2日目の10000メートルは34分42秒02で大会新記録を出した。 10000mも日本新記録を狙っていたが、暑さと湿度もあり、記 …

4×400m はじめての挑戦

2013ジャパンパラ陸上競技大会の最終種目となったのはT42-47男子4×400m。 メンバーに予定していた春田純選手(T44)が欠場したため、代わりに高校2年生の池田樹生選手(T44)が出場。芦田創選手(T43)は個人 …

世界でトップをねらえる位置へ

2013ジャパンパラ陸上競技大会が9月7日、8日の2日間、 山口県の維新百年記念公園陸上競技場で開催された。 7月にフランス・リヨンで開催された陸上世界選手権に出場した選手たちにとって、 ジャパンパラは、次の目標を念頭に …

higuchi

長居から世界へ向けて/第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会

男子4×100mリレー、第4走者の山本篤選手 ■日本記録更新への思いを胸に 大阪の長居第2陸上競技場で6月8日、9日に開催された第24回日本身体障害者陸上競技選手権大会、男子(T42-46)4×100mリレーは、45秒4 …

第41回 日本車椅子バスケットボール選手権大会

宮城MAXとNO EXCUSEが対戦した決勝 第41回日本車椅子バスケットボール選手権大会が5月3日から5日まで、東京体育館で開催され、宮城MAXが5連覇を達成した。決勝戦は前回大会と同じ、NO EXCUSEとの対戦とな …

それぞれの挑戦 夏の世界舞台に向けて

大会レポート チャレンジ陸上大会2013 記録更新を目指して走る 和田伸也選手とガイドランナーの志田淳さん 熊本市の水前寺陸上競技場で4月21日に開催された「チャレンジ陸上大会2013」には、2012年夏のロンドンパラリ …

2013国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 二日目 日本対カナダ2戦目

萩野真世選手(1.0) 日本対カナダ 二度目の対戦も再び勝利 2月15日、2013年国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会で、日本は再び、カナダと対戦。二度目の対戦も、日本がカナダに勝利した。(撮影:佐藤亮) 競技結 …

gallery type="rectangular" ids="667,668,669,670,671"

2013国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 二日目 日本対オーストラリア

上村知佳選手 オーストラリアとの第一戦には敗れる 2月15日、2013年国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会の2日目。日本はオーストラリアと対戦し、43対50で敗れた。 今大会は、オーストラリア、カナダ、日本の3チ …

gallery type="rectangular" ids="607,612,608,609,610,611"
Page 11 / 12«101112
Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.