障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!
News
  • HOME »
  • News »
  • 大会レポート

大会レポート

第10回 長野車いすマラソン 桜の下 向かい風を駆け抜け 

写真は、樋口政幸選手、中山和美選手、鈴木朋樹選手 第10回長野車いすマラソン(ハーフマラソン21.0945km)が4月20日に開催され、男子T53/T54は樋口政幸選手、女子T53/T54は中山和美選手、男子T52は髙田 …

ブラインドサッカー 日本代表がドイツ代表と対戦 得点力に課題

さいたま市ノーマライゼーションカップが3月21日、フットメッセ大宮で開催され、ブラインドサッカー日本代表とドイツ代表が対戦した。 日本代表は、前半、ファウルからのPKでドイツ代表に得点を許し、攻撃の要となる川村怜選手がシ …

積極的に攻めていったが、シュートは決まらず 

第25回全国車いす駅伝 福岡が3連覇、注目の1区は樋口が区間賞

第25回全国車いす駅伝競走大会が3月9日、京都市内で開催され、福岡が46分42で優勝、大会3連覇を果たした。同大会は、宝ヶ池の国際会館をスタートし、西京極陸上競技場までの21.3kmを5選手がつないで走る。各区間の距離は …

優勝の福岡チーム
(写真一番左)主将の洞ノ上選手

東京マラソン2014 車いす男子は山本選手、女子は土田選手が優勝

 東京マラソン2014が2月23日に開催され、車いす男子は、山本浩之選手が副島正純選手を最後に振り切って優勝。女子は土田和歌子選手が優勝した。  東京マラソンは、東京都庁をスタートし、銀座、浅草を通過して、東京ビックサイ …

男子は、山本選手と副島選手の争いとなった。
Ⓒ東京マラソン財団

2014クライミング日本選手権 小林幸一郎選手が優勝

 2014クライミング日本選手権マムートカップが1月4日、5日に、東久留米スポーツセンターで開催され、障害者部門(総合)は小林幸一郎選手(B2)が優勝した。今大会の障害者予選には、視覚障害13選手(B1:6名、B2:4名 …

総合1位の小林幸一郎選手

日産カップ追浜チャンピオンシップ 沿道からの声援を受けて快走

 日産カップ追浜チャンピオンシップ・ハーフマラソン(21.0975km)は、男子は樋口政幸選手(記録44分52)が優勝した。  同大会のハーフマラソンは、京浜急行追浜駅前をスタートし、日産自動車追浜工場内のテストコースG …

DSC_1433

第28回全日本視覚障害柔道 男子73kgは高橋、60kgは平井が優勝

 第28回全日本視覚障害柔道大会・男子73kg級は高橋秀克選手(写真右)がすべての試合で一本をとり、優勝した。 73kg級の出場選手の中では最年長の43歳。対戦相手は20代、30代の選手たちだが、高橋の強さが目立つ結果と …

takahashi

全日本視覚障害柔道大会 男子66kgは廣瀬が優勝

第28回全日本視覚障害柔道大会・男子66kgは、廣瀬誠選手(36歳・写真左)が藤本聰選手(38歳)を破り、優勝した。藤本選手は、パラリンピック・アトランタ、シドニー、アテネ大会に出場し、66kg3連覇。北京大会では銀メダ …

ひろせ

アジアパラユース競技大会 水泳 自分への挑戦

アジアパラユースパラ競技大会 【水泳】 一ノ瀬メイ選手(京都市立紫野高校2年、S9) 100m自由形 記録1分09.16 これまでは前半に力をつぎ込んで、後半まで持たないレース展開をする傾向だったが、 今大会の100m自 …

DSC_1347

アジアユースパラ競技大会 ゴールボール女子 銀メダル 敗戦をさらなる成長の糧に

アジアユースパラ競技大会のゴールボール女子で、日本は決勝で中国と対戦、2対10で敗れた。 日本チームのメンバーは、若杉遥選手(筑波大学附属視覚特別支援学校)、安室早姫選手(明治大学)、小岩井亜樹選手(ルーテル学院大学)、 …

DSC_1878
Page 14 / 16«131415»
Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.