障害者スポーツを純粋に「スポーツ」と して、ゆるく、楽しく、刺激的に発信!

パラスポ!とは(旧)

  • HOME »
  • パラスポ!とは(旧)

ごあいさつにかえて

◆私が発信する理由

profile

「障害者スポーツ」という言葉がある。
正直にいうと、私は、この言葉を好きではない。

「障害者スポーツ」というとき、

その対として

「一般のスポーツ(障害のない人のスポーツ)」を

想定することになる。

障害のある人と、ない人を、分けたり、隔てたりする考え方が背景にある気がして、嫌な気持ちになるからだ。

たしかに、障害特性を踏まえた各競技のルールはある。

たとえば、視覚障害者柔道は選手同士が組んだ体制から「はじめ!」と審判の声が

掛かり、試合が開始される。

この点は、互いに離れた位置に立ち、審判の「はじめ!」の後、選手同士が近づき、組み手争いから始まる一般的な柔道とは異なる。

しかし、競技のおもしろさ
選手たちのパフォーマンスの素晴らしさ
競技を見る観客の興奮、感動
それらは、障害のある・なしにかかわらず、同じだと思う。

「スポーツは、スポーツ」

「アスリートは、アスリート」

それでいいのではないだろうか。

そんなふうに考えたりする。

よく知らない人に説明するために、

私自身、あえて「障害者スポーツ」という言葉を使ってしまうことがあり、

嫌な気持ちになる。

もっと自然に、

「ああ、あの競技のことですね!」

「あの選手、いいよね!」

「この前の試合、劇的な展開だったね!」

などと語り合える人たちが増えたらいいなと思う。

そのために、障害者スポーツを「スポーツ」として、

ゆるく、楽しく、刺激的に「パラスポ!」で発信していきたい。

河原由香里

Copyright © パラスポ! All Rights Reserved.